ABOUT
プロジェクトに寄せて
もう何年前からでしょうか。まるで世界史のうねりが如く、「分断」の風が吹き荒れはじめました。
異なる文化や価値観を排除しようとする意識の波は、時に極度な愛国主義の幻影を漂わせ、人と人の距離を少しずつ乖離させていくような違和感や疎外感を感じたものです。

そんな人類が「COVID-19新型コロナ・ウイルス」に襲われました。
その猛威は瞬く間に全世界へと広がり、まるで「分断」の嵐に翻弄される人類への試練または再起を促すような機運のようです。

外出自粛生活を余儀なくされている日々、インターネット上で多種多様の人々が、「音楽」をツールに心の絆を求め、分かち合っている様子を目にし、耳にする機会を数多く得ました。
今だからこそ言葉や人種の壁を越え、音楽を起点とした「絆のリレー」をスタートさせたい、との願いに導かれたのが「」なのです。

私は常日頃から、
「音楽が音楽としての姿を現す為には、3つの想いが必要である」との自論を唱えています。
3つの想いとは、
創り手(作曲家)の想い
弾き手(演奏家または歌手)の想い
聴き手(聴衆)の想い
この3つの想いが豊かに成就した時、
音楽が音楽たるべき姿を現すのでは、と信じているのです。
この度の「Kizuna Piano」でも、3つの想いが豊潤な輪を世界に広げ、「音楽たるべき姿」を垣間見せてくれれば、これに勝る喜びはありません。
世界中の音楽を愛する人々へ、ささやかなギフトとして
「Kizuna Piano」を捧げたいと思います。

主宰者 岩代太郎

世界中の音楽を愛する人々へ、ささやかなギフトとして
「Kizuna Piano」を捧げたいと思います。

主宰者 岩代太郎